相模工業大学&湘南工科大学スキー部OB会のページ

下記の設立経緯や規約を御参考にして未加入の方は、会員登録をお願い致します

設立経緯(住所が確認できたOBの方々へ送付した文章)
                                                                               
各位 

突然のご連絡失礼いたします。

私、相模工業大学スキー部に所属しておりました井上豊です。記憶にございますでしょうか。この度、皆さまにご連絡させていただきましたのは、相模工業大学スキー部懇親会を開催したい思いからでございます。私たち、スキー部同期生8人(S、N、I、F、W、N、M、井上)も還暦を過ぎ、私を含めリタイアする者も出てきました。全員では有りませんが、年に数回は会う機会があり、(最近は歳をとったこともあり)老後の心配(特に年金問題、健康問題)や、政治経済の行方をつまみに酒を酌み交わしています。そして、その時に決まって話す事は、学生時代(スキー部)の話や先輩方、後輩の消息、私達の青春時代そのものです。呑めば、すぐ四十数年経ったことを忘れ、あの時代にタイムスリップできます。いつも最後には、私達が青春時代を過ごした当時の方々と、一同に会して語り合いたいということです。現状は、一期先輩のFさん、Mさん、Kさん、Nさんとは、毎年とはいきませんが、忘年会等を通じて、旧交を温めてまいりました。一昨年には、一期後輩のO君にも参加してもらいました。去年の忘年会には、二期先輩のSさんにも参加していただき、私達とは、四十二年振りの再会でしたが、お互い顔が判らないのではと心配しましたが、すぐにわかりました。Sさんが、トレーナーをしていた事もあり、Kさん、Nと三代のトレーナーが揃ったことも話題になりました。たまたま震災後に新潟のFさんが上京されるとのことで、みんなで、集まろうとの計画を立てたのですが、神奈川は、計画停電の嵐が吹いていまして、足の確保、会場の確保が難しいことも一因で、機会を逃しました。その折り、大先輩のSさんと連絡がとれ、参加の快諾を戴いたのに実現できず、重ねがさね残念でした。その後、新潟のFさんから連絡を戴き、九月には連休が二回あるので、そのどちらかで、なるべく多くの皆さんとの交流を企画できないかとのお誘いをいただきました。スキー部なのに、9月と言うのも……….と思いますが。皆さまは知っていますでしょうか。現在母校にスキー部が存在しないことを……..私は昨年、偶然に、大学の案内書が横浜駅で配布されていて、部活動の項目にないことを知りました。寂しさが募る反面、尚更皆さまにお会いし、話しがしたいと強く思いました。準備期間が二カ月強ありますので、長年、我々同期生の念願でした、スキー部の懇親会を是非実現させていただけないでしょうか。

この懇親会が、平成23年9月24日に湯河原温泉で開かれ、第一回スキー部OB総会として衣替え致しました 

OB会規約       

相模工業(湘南工科)大学スキー部OB会  規約
施行:平成24年10月21日(平成26年11月1日一部改訂)
(名称)
第一条  この会は、相模工業(湘南工科)大学スキー部OB会(以下本会)と称す。
(事務局)
第二条  本会の事務局を昭和43年度入学の井上 豊宅に置く。
(目的)
第三条  本会は、会員相互の親睦と連携をはかり、会員にスキ-の再開を促しスキ-の楽しみを
      より多くの人々に広めることを目的とする。
(活動)
第四条  本会は、前条の目的達成のため、次の活動を行う。
      ①会員の相互親睦と連携をはかるために必要なこと。
      ②会員のスキ-再開及び楽しむための研修会の開催。
      ③その他、本会の目的達成に必要なこと。
(会員)
第五条  会員は相模工業大学又は湘南工科大学においてスキ-部に一度は席を置いた
      者とする。(但し、本会に寄与し総会に於いて、特別会員の認定を受けた者も会員とする)
(入会)
第六条  本会に入会しようとする者は、事務局に届けるものとする。
(退会)
第七条  会員が本会を退会するときは、事務局に届けなければならない。
(会費)
第八条  会員は、会費を納めなければならない。
(役員)
第九条  本会は、次の役員を置く。
      名誉会長   会長  副会長 各1名 
      顧問(特に人数の制限は設けない)
      会計    1名(幹事)   
      幹事   各入学年度の会員より1名以上
(役員の選出)
第十条  役員は、会員の中から選出する。
(役員の任期)
第十一条 役員の任期は、二年とし、再選を妨げない。
(役員の任務)
第十二条 役員の任務は、次ののもとする。
       ①会長は、本会を代表し、会務を統括する。 
       ②副会長は、会長を補佐し、会長に事故のある時は、これを代行する。
       ③会計は、会計事務を処理する。  
       ④幹事は同期の部員との連絡を密にとり一人でも多くの会員を参加させる。
(総会)
第十三条 総会は、会員をもって構成する。
       ①総会は本会の最高決定機関であり議長は会長が当たる。
       ②総会の決定事項は、総会出席者の1/2賛成を得て効力を持つ。
(幹事会)
第十四条 総会の執行機関として、幹事会を設ける。
       ①幹事会は、役員を含む幹事によつて構成され案件を処理する。
       ②案件の処理に関しては、総会の承認を受けなければならない。
       ③前項の総会承認について緊急性があると幹事会が判断した場合は、この限りにあらず。
(規約の変更)
第十五条 規約の変更は、総会に依って行う。
       ①規約の変更に関しては、幹事会が発義し総会の承認を受け即時効力を持つ。


*第八条会費に関しては、現在徴収しておりません。当分の間は、年一回開かれる総会出席者の寄付(1000~2000円)で
 事務経費等を賄っております

会員登録は、氏名、入学年度、所属学科、住所を明記の上、メールにて、事務局あてに送信して下さい
確認の後、返信メールを配信致します(個人情報保護等で、確認に手間取る場合が有ります事は、御了承願います)
尚、メールにスキー部同期の方のお名前を記載して頂ければ、確認がスムーズに運びます
    事務局   ski-ob-jim@ss-skiclub-ob.com

      

戻る