第11回目、 ダイヤモンドプリンセスで行く陽春の日本周遊と韓国のクルーズ  8泊9日の旅

 航海スケジュール
   2019/4/11 横浜港発、4/12 石巻、4/13函館、4/14新潟、4/15終日クルージング、4/16釜山、4/17鹿児島、
   4/18終日クルージング、4/19横浜港着

           新潟港に停泊中のダイアモンド・プリンセス号

         

 4/12 石巻:ここは以前一度訪問しており、同じく女川を訪問しましたが(約2年前)殆んど変化なし。
     但しここの海鮮丼ぶりは安くて量も多く、訪問されるのであれば是非とも食してください。

     現在も尚残る震災の爪痕
         
 ※   平成から令和に・・・・一つの時代が終わりましたが、語り継がなければならない事が、この石巻には存在します。2011年(平成23年)3月11日
      あの東日本大震災の記憶です。管理人も震災3年後に訪れた時、余りにも甚大な被害に心が痛みました。復興は至る所で始まっていましたが、
      名誉会長のコメントに見られるように復興の歩みは停滞しているようです。そういえば、復興よりも議員の選挙が大事といった大臣もいました。
      「令和」・「オリンピック」と浮かれるのも結構ですが、日本は自然災害が繰り返し起こる国だと認識しなければなりません。
      (※は、管理人の独り言)


 4/13 函館:ここも2度目の訪問、今回は金森赤レンガ倉庫、函館朝市、五稜郭を訪問.
     金森赤レンガは外装をいじった為横浜、小樽の赤レンガ倉庫と比べ惨めでした。

          
       函館と言えば、カニです。食いしん坊万歳の管理人は、ここでカニの最高峰は「花咲きガニ」だと確信しました。


 4/14 新潟:布施さんに色々アドバイスを頂いたのですが、聖籠町の弁天潟風致公園が近くに有りましたので
     布施さんには申し訳ありませんがサクラの満開を見学してきました。

        
※   新潟には、スキー以外に何回か訪れましたが、ここは知りませんでした。
 

 4/16 釜山:今回は下船しませんでした。
                     北朝鮮の夕日山並みに沈む夕日
                    
                     問題の北朝鮮でも夕日は沈む(国は嫌いでも夕日が沈む写真は好きです)

 4/17 鹿児島:仙厳園は江戸時代初期の万治元年(1958)第19代島津光久により築かれた薩摩藩島津家の  
      別邸です。目前の桜島を築山に錦江湾を池に見立てた壮大な庭園は大名庭園の中でも類を見ない大きさです。

                                                   桜島
        
     

          薩摩切子 高くて手が出ません。               仙厳園の庭園1
        
  
      仙厳園の庭園2             
仙厳園の中にある曲水園、牡丹の花です。          
         
 ※  昨年は、明治維新150年。「菊は栄えて葵は枯れる」そして大正、昭和、平成、令和と時代は巡る。編集時は、令和元年5月1日。令和の初日。
     3日からは二泊三日で星を見に会津へ。♪白虎隊♪が頭に浮かぶ「♪戦雲暗く 陽は落ちて」詩吟入りのこの曲は私のカラオケの
     レパトリー。今でも遺恨が残る薩摩と会津と聞いますが・・・・・・
     

 4/18終日クルージング、4/19横浜港着

        
 ※  お疲れさまでした。次回は6月3日より7月12日まで ハワイ・アラスカクルーズとの事、スケールが大きく写真集が楽しみです。


   戻る