ここ2,3日のニュースで、大阪の民間出身校長が3か月で辞めたというのがあった
38歳だそうだ。
いまや猫も杓子も民間人登用である
これがよくわからん
小学校の校長なのだが、教員の数はせいぜい3~40人ぐらいだろう
企業でいえば小企業の規模である。何千人もいる大企業なら理想を掲げて他分野から社長を迎えるのも良いだろう
しかし小学校だぜ、6歳から12,3歳の子供が相手なのだよ。
そこには長い経験を持ったベテラン教員もいるだろうし。38歳のど素人が校長という民間でいえば社長としていきなりトップに座る
すんなりいくと思う方が無理だろう
確かに、マンネリ化した教師も問題だろうが、立派な教師も沢山いる
なぜその中から校長を選んではいけないのだろう
38歳の若い校長が良いのなら、38歳の教師を校長に抜擢すれば良かろう
大阪の例は、維新の会代表である橋下市長の肝いりらしいが、要するに日教組を敵視しているに過ぎない気がする
いまどき日教組なんて何の力も持ってはいない
80歳の石原慎太郎の老害も問題だが、若造の若害(じやくがい)も問題だと思う
とにかく俺は、橋下徹は大嫌いだ



アメリカが、日本の海外公館を盗聴しているとの記事が出ている
オバマにもがっかりした
世界中を相手に諜報活動をしている。同盟国もなにもあったもんじゃない
恐ろしい国だなアメリカ
そんなことしているからテロの対象になるんだ
日本は、アメリカ離れをしなければならないと思う
それには核武装しなければという意見が必ず出る
今の俺は、核武装賛成とは言えない。。。。。。
中国も嫌いになった
思想的な価値観が崩れ始めている



ブラック企業花盛りである
ワタミの渡辺会長が自民党から参議院に比例代表で出る
365日24時間働け
学校も経営しているらしいが、モロに企業論理を持ち込んでいるようだ
根っこは、橋下と同じ発想か、競争社会の勝ち組意識が典型的に表れている
実れば実るほど頭(こうべ)をたれる稲穂かな
こいつらは天狗になっただけだと思う



戻る